「禁煙」それは発毛の絶対条件

「禁煙」、それは発毛の絶対条件

タバコを吸い続けている方には酷かもしれませんが、
やはり、タバコは育毛の大敵です。

 

喫煙

 

理由のひとつ目は、
喫煙が毛髪の発育に欠かせない血行不良を引き起こすからです。
ご存知のようにタバコには二コチンが含まれています。

 

これは自律神経を剌激し、血管を収縮させる働きがあります。
つまり血管の収縮によって、血流を悪化させているのです。

 

頭皮へ栄養を送っている血管が収縮したら、毛髪は栄養不足に陥ります。

 

残酷な言い方ですが、
禁煙できなければ育毛はあきらめたほうが良い、というほどの大きな影響があります。

 

二つ目の理由は、
喫煙によって、体内のテストステロン(男性ホルモン)の分泌が増えます。

 

男性ホルモンが増えれば、薄毛を招くDHTの分泌量も増加してしまいます。

 

昨今、女性の薄毛が増えてきたのも、喫煙者が増えたことが原因という説もあります。

 

また、男性ホルモンが増加すると毛根をふさぐ皮脂分泌量も増えやすくなります。
酸化した皮脂には汚れも付きやすく、これにより皮膚炎を招きます。

 

皮膚炎が悪化するとは毛包を破壊することもありますが、
そうなれば、そこからは二度と発毛しなくなります。

 

つまり、毛根を完全に死滅させてしまうのです。

 

「禁煙」、それは発毛の絶対条件でもあります。

 

「育毛をどうしても成功させるんだ!」という強い意志を持ってください。

 

いきなりが無理でも、今日は1本少なくする。
明日は2本少なくすると、具体的な目標を定めましょう。